英会話学校

【悲報】PROGRIT(プログリット)を利用してみたがTOEICも英会話も全く向上しなかった話ww~体験談~

Contents

PROGRIT(プログリット)英会話学校の概要

教室数と場所

教室数新宿、渋谷、赤坂見附、神田秋葉原、池袋、横浜、名古屋、梅田

 

料金体系

プラン受講期間面談回数学習時間入会金料金(税別)
ベーシックプラン8週間8回168時間50,000円328,000円
スタンダードプラン12週間12回252時間468,000円
ゴールドプラン24週間24回504時間894,000円

 

コース

コース名期間
ベーシックコース2ヶ月
スタンダードコース3ヶ月

PROGRIT(プログリット)
 
 
本記事は成績が上がらなかったケースですが、一方でPROGLITを通じて英語力向上。そして映画監督の夢への切符を手に入れた方もいらっしゃいます。
→PROGRIT2ヶ月でTOEICが250点UP!ハリウッド映画監督への挑戦inアメリカ

 

インタビュー者の自己紹介

簡単なプロフィール

私は小さな会社で働いている一般的な普通のサラリーマンです。基本的に会社に朝から晩まで拘束されている生活を送っています。

一流の会社ではないので少しグレーな部分もあり、残業もかなりあります。28歳でまだまだ新人としての扱いをされているので、上司からの仕事は基本的に断れません。給料も同じ年齢層の人々と同じくらいの給料ではないでしょうか。

英会話に関してはほとんど話すことが出来ません。義務教育で止まっています。

 

英会話スクールに通おうと思ったきっかけ・目的

今の仕事や会社から離れたいという思いが強くなってきていて転職を考え始めたからです。そろそろ、30歳を前にして将来のことも考えなければならなくなった時にこのままこの会社でこの仕事をしていて良いのだろうか?と疑問に思いました。そして、自分の答えは「ノー」でした。

早速転職をしようとは思ったのですが、私は何の資格もスキルも持っていないということに気づきました。こんなことでは、転職をしたとしても今よりも生活を向上させることは出来ないと思いました。

そして、どこでも使えるスキルである英会話の能力を向上させることが第一歩目だと思いました。これまで、何度も英会話を習得するために独学を始めたことはありましたが何度も挫折してしまっていました。

学校に通えば何とかなるかと思いPROGRIT(プログリット)に無料カウンセリングの希望を出しました。

 

PROGRIT(プログリット)を利用した期間は?

2018年6月から2018年7月の2カ月間です。その後の継続コースは行っていません。

 

PROGRIT(プログリット)のどのコースを選択した?

私が選んだのはビジネス英会話コースで2カ月間続けました。PROGRIT(プログリット)のコースは全部で3つです。

  • ビジネス英会話コース
  • TOEICコース
  • TOEIC iBT/IELTSコース

これらのコースを2ヶ月で行うか3カ月で行うかも選ぶことが出来ます。この期間が過ぎても継続することが出来ます。

私がTOEICのコースを選ばなかったのは担当のコンサルタントのアドバイスによるものです。コンサルタントは私との相談の中で「話す」ことが出来るようになれば「書く」ことも出来るようになる、と言っていました。それで一先ず会話が出来るようになるためにビジネス英会話コースを選択しました。

 

PROGRIT(プログリット)で総費用額は?

  • 受講料金の328,000円
  • 入会金の50,000円

合計378,000円です。料金体系はとてもシンプルでした。

私は継続していませんが、この2カ月の期間を消化すると卒業生として少しだけ安い形で継続することが出来ます。因みに、2ヶ月継続で320,000円です。入会金が不要なのと8,000円安くなっています。

 

 

PROGRIT(プログリット)を選んだ理由について教えてください

理由1:短期間で英語が習得できると言っていたから

英会話が出来るようになりたいというのは私以外にも多くの人が思っていることだろうと思います。しかし、習得には長い期間が必要でその壁を乗り越えることが出来ないので英会話教室に通い始めないという人は多いと思います。

PROGRIT(プログリット)の宣伝では2ヶ月ほどの短期間で英語の習得が可能だと宣伝されていました。この宣伝が本当か本当でないかはわかりませんが短期間で習得できるということはとても魅力的に感じました。

2ヶ月後に英語がペラペラになっていたら、こんなに素敵なことは無いと思います。それで、思い切ってPROGRIT(プログリット)に決めました。

 

理由2:面談回数が少ないので、通う手間が省けるから

PROGRIT(プログリット)に実際に通わなければならないのは週に1度だけです。1時間ほどのコンサルタントとのミーティングだけで良いので、私にとっては仕事に支障がなかったので都合がよかったのです。

その分、コンサルタントからのプレッシャーが凄かったのですが、入会を決める前まではとても魅力的に感じました。英会話教室に通うためには物理的に体を開けなければならないのですが私の仕事ではそれは無理だとわかっていました。他の英会話スクールにも行ってみたのですが、やはり私のスケジュールに合う場所は見つかりませんでした。

PROGRIT(プログリット)が唯一自分の生活に合った学習方法を提供してくれていたので、ここに決めました。また、新宿は私のオフィスからもすぐ近くなのでミーティングに関しても交通の便が良かったです。

 

理由3:大好きなサッカー選手が広告をしているから

私は昔からサッカーが好きだったので本田圭佑選手が宣伝しているのは目をひきました。

彼はサッカー選手ということだけではなくビジネスマンとしても活躍しています。そんな本田選手に憧れがありPROGRIT(プログリット)のカウンセリングを希望したという部分もあります。私もいつかは独立して、世界各国で活躍するビジネスマンになりたいという静かな野望も持っていました。PROGRIT(プログリット)に決めた理由は本田選手にもあります。

実際に無料カウンセリングの時にコンサルタントにこの話をしました。すると、本田選手はどこかのPROGRIT(プログリット)にまだ通っているとの情報を教えてくれました。新宿ではないとは思いますが、もしも直接会うことができたら…という淡い期待も持っていました。

もちろん、この淡い期待が満たされえることはありませんでしたが。

 

 

PROGRIT(プログリット)のカウンセリングはどういった内容?丁寧だった?

PROGRIT(プログリット)のカウンセリングは体験でカウンセリングを受ける前から始まります。無料カウンセリングを申し込むと、アンケート記入用のメールが送られてきます。このメールに応えることで、当日のカウンセリングが進行していきます。

 

このアンケート内容は生年月日これまでの自分の英語学習の成果などが聞かれます。それ以外にも毎日の起床時間から就寝時間、就労時間なども記入しなければなりません。因みにカウンセリングの日程調整は大変でした。なかなかアポイントが取れなかったです。

 

 

カウンセリングはコンサルタントとマンツーマンで行います。簡単な英語のテストを行います。

  1. リスニングのテストでネイティブスピーカーの会話を要約する
  2. ネイティブスピーカーの話した言葉を書き出す
  3. コンサルタントが日本語の文章を話し、それを英語に変えて話す

この簡単なテストによって自分の弱点がわかります。

私の場合はリスニング力と英作文における関係代名詞が弱点だと指摘されました。そして、これらの自分の弱点を補っていくためのプログラムをコンサルタントと共に考えていきます。

コンサルタントからはPROGRIT(プログリット)の勉強方法と言語習得のメカニズムを説明されます。コンサルタントの方の話し方はかなり熱があるもので聞いているだけでも本当にやる気がわいてくるような話でした。

そして、従来の英会話教室とは全く質が異なることも説明してくれます。私の担当のコンサルタントははっきりと「英会話教室では50年たっても英会話を習得する事は出来ない!」と断言していました。自分の経験も踏まえての意見だそうです。ここまで自信満々だと信頼感が湧いてきます。とにかくこの無料カウンセリングは勉強をしようという気にさせてくれます。

そして、「この場で入会を決めてください」と言われます。なぜなら、現在はPROGRIT(プログリット)に入会する人がとても多く、少しでも日程をずらしてしまうと、学習の始まりがどんどんと遅れていくという理由からでした。

私はこの場で入会を決めました。その時点でスタートは1ヶ月後になりました。

 

 

PROGRIT(プログリット)に通っている人はどういった人が多い?

PROGRIT(プログリット)に通っている時にはほとんど他の生徒さんと合う機会はありませんでした。コンサルタントとのミーティングの時にちょっとだけ行くだけなのでそのチャンスもあまりなかったです。

一度だけ、待合室で他の生徒さんを見かけました。その人は30歳半ばくらいのスーツを着た男性で一番脂の乗っている時期という雰囲気が出ていました。待合室でも必死に英語の学習を続けていました。

私を担当したコンサルタントの方が言うにはPROGRIT(プログリット)に通っている人はビジネスマンが多く、本気で英語を習得したいという人ばかりだとのことです。2ヶ月の学習でTOEICが270点ほど上がったという人もいるということを紹介されました。

100点あげるのに1年はかかると言われているTOEICのテストなので短期間でこの上昇率は凄いと思いました。

下記記事では実際に2ヶ月でTOEIC250点UPした方を紹介しています。

→PROGRIT2ヶ月でTOEICが250点UP!ハリウッド映画監督への挑戦inアメリカ
 
 

 

PROGRIT(プログリット)の先生、スタッフってどうだった?

PROGRIT(プログリット)には基本先生がいません。学習のスタイルとしては毎日の学習をコンサルタントと共に進めていきます。

毎日コンサルタントにメールかlineで連絡をしなければならないので結構大変でした。特に仕事が忙しい時にはなかなか連絡をすることが出来なくて困りました。それでもコンサルタントから連絡が来ます。lineスタンプなどでも連絡してきます。忙しい時には少しイラつきました。

また、月に4回ほど新宿のPROGRIT(プログリット)に通うのですがその時のコンサルタントとのミーティングも緊張します。コンサルタントも本気でアドバイスしてくるので勉強をさぼったりすると真剣な顔をして怒られます。

私の担当についたコンサルタントは男性の方で見るからに仕事に情熱をかけているコンサルタントという感じの青年です。スーツにノーネクタイでヒルズ族的なイメージでしょうか。

 

 

PROGRIT(プログリット)の教材のクオリティはどうだった?

PROGRIT(プログリット)では市販の教材を使っているので、クオリティは本屋に売っている教材と変わりません。

引用:https://eigohiroba.jp/t/314

ただし、私にとってはカード式の教材はとても斬新なものでした。これまで学校の英語の試験前に単語を覚えるための単語カードはよく使っていました。しかし、PROGRIT(プログリット)の場合は単語カードではなく文章カードといった感じの教材です。

表に英語が書かれていて、まずは自分で英作文をしてみます。その後、カードをめくれば答えが書いてあるという教材です。この教材を繰り返し読み込むことで単語ではなく、文章を覚えるという方法をとります。

教材自体は持ち運びも簡単なのですが人前では練習が出来ません。なぜなら、声に出さなければならないからです。教材ではないのですが、日々のコンサルタントとのlineのやり取り自体が教材にもなります。

 

 

【断言】TOEIC、英会話力は全く向上しない!?

0.0ヶ月目の授業内容と英語力の変化

PROGRIT(プログリット)に入会できたのは無料カウンセリングが終わり契約をしてから1カ月ほどが過ぎた頃でした。そのころはとてもワクワクして待ち遠しい気分で一杯でした。

そして、学習が始まります。コンサルタントの人と共にスケジュールを組んでいる時に聞かれたのは「待ち時間の1ヶ月ほどはどのように過ごしていましたか」という質問でした。聞かれた私は「仕事をしていました」と答えると「英語の勉強を何故始めなかったのですか?」と問い詰められました。いきなりだったので閉口してしまいました。既に出遅れているという説教からその日のカウンセリングが始まりました。

教材やラインアドレスの交換などをしてから24時間のスケジュールと1週間のスケジュールを渡されます。コンサルタントの目はもう無料カウンセリングの時とは全く違う顔つきでした。

 

0.5ヶ月目の授業内容と英語力の変化

最初の2週間はとても忙しく過ごしました。ほとんど無理だと思われるような過密なスケジュールで毎日を過ごしていました。

仕事も忙しかったのですが、コンサルタントからの確認メールに対して学習範囲のわからなかった部分などを答えるのも大変でした。今までの生活に加えて1日4時間ほどの学習時間はかなり骨の折れるものでした。

しかし、この頃はそれでも一生懸命勉強していました。中学生くらいの文法だったので、そんない気合いを入れてやらなくてもある程度は出来ました。カウンセリングに行くとテストを行うのですがその時もそれなりに出来ました。

この時、コンサルタントの人は「このまま続けて入れば伸びていくはずです」と言ってくれました。久しぶりに人に褒められた気がして嬉しかったのを覚えています。

 

1.5ヶ月目の授業内容と英語力の変化

褒められたことをいいことに少しさぼり気味な生活を送ってしまっていたのがこの頃でした。徐々に英作文等も難しくなってくるのにあまり勉強をしていませんでした。

ミーティングの時にこのことがコンサルタントにバレてかなり怒られました。確かにテストの内容は教材にあった気がしたのですが、繰り返し練習しているわけではなかったので答えることが出来なかったのです。とても、落ち込みやる気が出なかったのですが、スカイプで外国人と話す機会がありました。これはとても楽しかったのを覚えています。

英語で「英語の勉強が大変だ」と愚痴を言ったりしていました。しかし、コンサルタントとこの外国人も当然のようにつながっているらしく、優しそうに見えた外国人から私の英語レベルが判断されコンサルタントに報告がいっているようでした。

そして、コンサルタントからは呆れられたまま、私は2ヶ月コースの時間を消化してしまいました。結局私の英語能力はそもそもあった中学生レベルよりも少し上がったかなというくらいでした。

とはいってもコンサルタントも人ですからね。。
相性がうまくいったケースで、英語力アップした方も多数いらっしゃいます。 

 

体験者だからこそわかるPROGRIT(プログリット)のメリット・デメリット

PROGRIT(プログリット)のメリット

学習の習慣が身に付く

PROGRIT(プログリット)に通ったことで一番のメリットだと感じたのは毎日学習する癖がついたということでしょうか。

学習した成果をコンサルタントに報告しなければならず、このプログラムやスケジュールは日曜日から土曜日まで全て決められています。最初の1ヶ月はかなりきついのですが現況をすることが癖になると、逆にいつも勉強をしているはずの時間に勉強をしていないとなぜか気持ち悪く落ち着かない気分になります。

勉強をするというルーティーンがついたのはPROGRIT(プログリット)でコンサルタントに鍛え上げられたからでしょう。

PROGRIT(プログリット)の最大の特徴は、英語学習を習慣化し、コース修了後も自学習を継続させるところです。
英語学習を継続させることができるための仕組みは3つあります。
  1. 生活習慣や時間の使い方の見直し
    1日の英語学習の時間をスケジュール管理してくれるので、英語学習の習慣が身につく
  2. 問題解決手法のヒアリングとチャットツールで学習状況の把握
    英語学習でつまづいた部分を一緒に考えてくれるので、英語学習を継続できる
  3. コース修了後、1年間の学習計画をサポート
    自学習が継続できるので、その他の英会話スクールにお金をかける必要なし

 
 
 

PROGRIT(プログリット)のデメリット

コンサルタントが非常に厳しい

インターネットの口コミなどでPROGRIT(プログリット)のコンサルタントは厳しいという情報は知っていました。しかし、「これほどまでに厳しいか!」というくらいに厳しかったです。

私も毎日忙しく働いています。コンサルタントと共に作ったスケジュール通りに勉強が出来ない事もたくさんありました。朝、昼、晩と3ブロックに分けて勉強時間を設けていたのですが、きっちりと勉強終了時間に連絡が来ます。勉強をしていなくて適当に返事をしてもすぐにばれてしまいます。

また、週に1回のミーティングの時はさらに厳しく詰められます。まずは英語の習熟度を試すためにテストを受けます。この時にテストの点が悪かった時にとてもがっかりされていたのを覚えています。テストの3問目くらいからコンサルタントの表情が変化していくのがわかりました。その後は地獄でした。

「このままの生活をしていたら英語は習得できません」と丁寧な敬語で怒りのこもった表情で言われた時はとても落ち込みました。この時のことを思い出すと身震いがするほどトラウマになっています。

 

結局は自習なので、受講料金が高く感じる

私がPROGRIT(プログリット)に払った金額は一括払いで総額40万円弱です。後半にはインターネットでネイティブな方と英会話をする機会が設けられていますが、最初はひたすら自分で勉強を進めていくという流れになります。

入会金はかなり高額ですが、特別な教材を貰えるという訳ではありません。コンサルタントによって自分の学習やスケジュールを管理してもらうために払っている金額だと考えてよいと思います。高額な料金を払って自分が勉強を頑張るようにさせる人を雇っているだけと考えるとかなり高額だと思わざるを得ません。

一度卒業した人には卒業者として特別料金で継続が可能ですが、正直言って8,000円しか変わりません。であるなら、継続ではなく自分で勉強をつづけた方が全然良いと思いました。

 

結局、勉強をする時間が取れなければ意味がない

何度も書いていますがPROGRIT(プログリット)のプログラムは結局のところ自分がどれだけ勉強をするか?ということだけです。

仕事で忙しいビジネスマンでも少ない時間の中で結果を出している人がいるという口コミや評判を耳にしますが、そういった人の大部分がどこかの会社の社長だったり、重役だったりします。

私ははっきり言って、まだまだペーペーだったので時間を自分で作ることは出来ませんでした。そのため、スケジュールを組んだとしても簡単に会社に人間に崩されてしまうのです。会社内でもある程度の地位にいなければスケジュールを組んでも意味がないと感じました。

 

 

【調査】PROGRIT(プログリット)のSNS評判を調べてみた

 

 


 


 
 

【大公開】PROGRIT(プログリット)へ気になるQ&A

Q1外国人講師はいるのですか?

外国人講師は基本的にはいないと考えてよいと思います。コンサルタントに管理されながら勉強を進めていくのがPROGRIT(プログリット)のやり方です。

後半にチャットでの直接英会話がありますがこの人達は講師と言うほどの人ではなく、日常英会話を楽しむレベルの人たちです。パンフレットには外国人のコンサルタントの写真もありましたが私は会ったことがありません。

 

Q2科学的な学習方法とはどのようなものですか?

言語学に基づいた勉強法として無料カウンセリングのときに説明されます。ざっくり言うと私たちは第一言語である日本語で話している時にリスニングや翻訳はしておらず会話に対して会話をすぐに返すという脳の構造になっています。

そして、PROGRIT(プログリット)では短期間で集中的に英語を頭に叩き込むことによって考えることなく日本語と同様な形で英語が話せるようにしようとしているようです。コンサルタントの人はこの方法の説明を丁寧に行ってくれます。

 

現在、多くの英語学習法がありますが、そのほとんどが個人の経験をもとに作られており、科学的に効果が立証されていません。PROGRIT(プログリット)では、科学的に実証されたプログラムで英語力を高めます。特徴は3つあります。
  1. 現在の英語力の分析を実施
    目標に必要な課題が明確になるので、効率よく勉強に取り組める
  2. 応用言語学第二言語習得論
    リスニング、スピーキングを効率よく向上させるために、3〜4つのプロセスに分けた勉強法を指導。英語習得のスピードがUP
  3. 個人に合わせた英語学習方法を提案
    英語学習で苦手な所や進捗状況を見て、勉強内容や教材の見直しを柔軟に対応するので、継続して勉強ができる

PROGRIT(プログリット)は、科学的な英語学習方法、スケジュール管理を行い、自学習を習慣化してくれます。コース修了後も、1年間の学習計画をサポートしてくれるアフターフォローもあるので、自学習の継続の不安もありません。
 
2ヶ月という短期ですが、PROGRIT(プログリット)で学ぶことによって、一生モノの英語学習のノウハウを手に入れることができます。

 
 

Q3本当に2ヶ月で英語が身に付くのですか?

色々な人がいると思うので一概には言えません。ただし、私だけを例にとるのであれば身には付きませんでした。

勉強をしなければならないという気持ちにはなります。それも、退会してからはどんどんと薄れていくのですが。今でもたまにコンサルタントの方から連絡が来ます。おそらく継続をしてもらいたいための営業だと思います。継続してあと何ヶ月か続ければ結果は出たかもしれません。

 

【総論】PROGRIT(プログリット)はゼッタイにおすすめしない

PROGRIT(プログリット)に入会すれば英語が上達すると思っている人にはおすすめしない

これはどこの英会話スクールに行っても同じことだとは思うのですが特にPROGRIT(プログリット)は他力本願な部分が少しでもある人にはおすすめしません。PROGRIT(プログリット)のシステムでは95%くらいは自分での勉強であるため単純に入会すれば英語を習得できると思わない方がいいです。

甘い考えで入会すると鬼のようなコンサルタントに怒られてただ落ち込むだけの毎日になってしまいます。落ち込むだけ落ち込んでお金を無駄に使うことになってしまいます。PROGRIT(プログリット)で英会話を習得しようと思うのであれば相当な覚悟が必要です。そして、相当な覚悟を持っている人であれば自習で英語はマスターできると思います。

 

外国人と英会話をしたいと思う人にはおすすめしない

PROGRIT(プログリット)は英会話スクールとは違います。私を担当していたコンサルタントは「他の英会話スクールはライバルではない」と言っていました。PROGRIT(プログリット)は他のスクールと違い独自の習得システムを用いているからです。

したがって、外国人の講師は存在せず生きた英語を使いたいと思っても、話し相手はいないと考えた方が良いです。

PROGRIT(プログリット)は実践にあまり重きをおいていません。むしろ大事なのは実戦よりも練習だということでしょう。外国人の人と話したいと思うのであればPROGRIT(プログリット)はやめておきましょう。
 

外国人と実践的に会話を通して学びたい方は、外国人講師がマンツーマンで授業をしてくれるスパルタ英会話をオススメします。

 
スパルタ英会話の特徴
 
従来の英会話スクールは、会話を行うアウトプット、知識を学ぶインプットのどちらかに偏ることが多いです。
その点、スパルタ英会話は、グループレッスンが通い放題なのでアウトプットする機会が豊富です。また、ネイティブ講師、日本人コンサルタント、オンライン講師と学習サポートも充実しているので、インプットする環境も整っています!
 

スパルタ英会話は、スピーキングに特化しているスクールです。その特徴は3つあります!
         

  1. 外国人ネイティブ講師のグループレッスンが通い放題
    従来の英会話スクールでは、週に1回、約40〜60分程度、レッスンを追加するたびに費用がかかります。スパルタ英会話では、何度レッスンを受けても追加料金は発生しません。最大1日10時間受けることが可能なので、海外留学にも劣らない学習生活を送ることができます。
  2. カスタマイズカリキュラム
    就職などの面談や専門職のビジネス英語など特殊な場面で使用したい方のためのカリキュラムです。一般的な英会話スクールでは、日常会話、ビジネス英語の基本を教える所が多いのが現状です。専門的な場面に必要な英語力を高めることで、伝えたいことを伝えられない歯がゆい思いはなくなります。
  3. S-チャンネル(動画アプリ)サービス
    スパルタ英会話では、1プログラム10分で学べる動画アプリサービスを行っています。他の英会話スクールは、勉強する環境が自宅、教室と決まっていましたが、動画アプリがあるおかげで、重たい教材を持ち運ぶことなく、通勤時間やランチのスキマ時間などに手軽に学習することができます。

スパルタ英会話は、外国人ネイティブ講師とのコミュニケーションを通して、実践的な会話力を高めたい方にオススメです。
3ヶ月実践的な環境で学ぶことで、話したいときに英語が出てこないという悔しい気持ちになることはありません!
 
外国人と話す時に抵抗なく、たくさんの人と話すことができ、交友関係を楽しむことができます!
 

 

 

無料カウンセリング体験実施中!
 
あれこれ悩むなら、まず、すべて無料カウンセリングを受けてみるのが良いです。
  
過去28名、様々な英会話スクールに通った方をインタビューしましたが、英会話スクールにて満足度が高い方は総じて、
 

「最低3校のカウンセリングを受け、しっかりと比較検討した」方でした。

 
WEBの記事、口コミ等は参考にできるのもありますが、
結局のところ、”ヒト対ヒト”で、先生やカウンセラー相性が非常に重要です。
 
こればかりは実際に行って、見て、話して、聞いて…という泥臭い行動が重要です。
各スクールの魅力を全身で感じてみてください。
英会話スクールに通うことは、決して安い買い物ではありません。足を運ぶことで、各スクールのすごさがわかります。多くのスクールに足を運び、ご自身で色々と検討してみてくださいね。

私が実際に英会話スクールの生徒にインタビューを行い、その中で非常に満足度が高い英会話スクールを紹介します。
 
 
英会話スクールも数多くあり、また費用も高額です。必ず比較検討を行いましょう。
 
どれも無料体験ができるので、ぜひこの機会に体験してみてください!

プログリットプログリット「短期間×オーダーメイドカリキュラム×自主学習」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。

あらゆる角度から分析し、「英語を話せない原因」を見つけ、専属コンサルタントが最適なカリキュラムを作成します。
従来の英会話教室ではなく、専属コンサルタントが自己学習を継続させるサポートを行います。
プログリットでの成功談はこちら

スパルタ英会話
スパルタ英会話
「短期間×オーダーメイドカリキュラム×授業受け放題」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。
 
日常英会話、ビジネス英会話など希望とレベルに併せてカリキュラムを構築。日本語禁止のグループレッスンは最大10時間まで受講可能。講師も勿論ネイティブ講師。
コンサルティングによるサポートと、疑似留学でできます。
シェーン英会話
シェーン英会話
「コスパ×全国各地×ネイティブ講師」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。
 
最大手といっても過言でなく、全国210校あるので、振替等が便利。
また1ヶ月25,000円程度と安価で利用することができます。
無理なく通えるシステムで、質が高い英会話スクールを長期的に受けたい方におすすめ