英会話学校

【比較】プログリット(PROGRIT)とトライズ(TORAIZ)の違いは5つだけ

2ヶ月で一生モノの学習ノウハウを手に入れたい方にオススメな英会話スクールをご紹介
  
TOIEC620点を突破できず、英語学習に行き詰まっていたが、2ヶ月でTOIEC850点を突破し、一生モノの英語学習ノウハウを手に入れることができた英会話スクールをご紹介します。

無料カウンセリングを受けることができるので、この機会に体験してみてください!

プログリットは、第二言語習得論、応用言語学と科学的にアプローチされた自己学習法を習得できるプログラムです。

  
プログリットの紹介

複数の受講生で行う英会話スクールとは違い、個々の英語学習でつまづいている原因を特定し、課題に対して個人にカスタマイズされた学習方法を提案してくれます。

また、受講すると週に一度、専属コンサルタントとの面談時に英語力チェックテストを実施するので、学習の成果を実感することができます。
 
 

グローバルな環境での多様な経験を持つ専属コンサルタントが、問題解決に特化させた学習計画を立てるので、短期間でも英語力が向上するんです!

 
 
実際にプログリットで2ヶ月英語学習を続けて、TOEICが250点UPし、夢だった仕事に挑戦できた方の体験記事がありますのでご紹介します。
プログリットでTOEIC250点UPした体験談はこちら

  
プログリットでは、受講前に専属コンサルタントによる無料カウンセリングを受けることができます!!
   

大満足の無料カウンセリングの内容

○英語が話せない理由がわかる
英語学習でつまづいているプロセスを分析してくれるので、自己学習に陥りがちな勉強方法に対する不安を解消できます。

○英語力テストで自分の実力がわかる
現在の英語力を知ることで、目標に必要な学習計画を具体的に立てることができるので、効率よく勉強に取り組めます。

○英語学習の計画を分単位で立ててくれる
1日の時間の使い方を一緒に見直し、勉強時間を確保してくれるので、自己学習を習慣化することができます。

 
 
英語学習の行き詰まりを解消し、目標達成に必要な自己学習法がわかるので、英語力が伸び悩んでいる方は無料カウンセリングを受けるのがオススメです!

プログリットの受講を決めていない方も、効率のいい英語学習方法について知ることができます。
無理な押し売りや営業もないので安心してくださいね!

 
 

プログリットとトライズの5つの大きな違い

学習する期間

■トライズの場合
トライズでは、社会人の英語学習には1,000時間が必要であるという考えをベースに、1,000時間の学習を1年で達成することを目指しています。この学習量をこなすためには一日約3時間程度必要になりますが、下記のような内容のメニューをこなしていきます。

・グループディスカッション
・ネイティブとのオンラインレッスン
・スピーキング
・シャドーイング

■プログリットの場合
一方、プログリットにおいては2カ月や3カ月と基本的に短気のコースです。なぜここまで期間に差があるのかというと、プログリットでは英語を教えるというより、英語を学ぶ効率的な方法を教えることに特化しているからです。1カ月80時間という濃厚な内容で、短期間に英語学習法の習得を目指しています。

 

講師

トライズでは、自社のホームページでも断言している通り、英語を話せるようになるためには、個人学習でインプットを行うだけでは不十分であり、どうしてもネイティブとのレッスンが必要であると考えています。そのため、ネイティブの講師を採用しています。

受講生たちは実際にグループまたはマンツーマンでネイティブの講師と会話のレッスンを受けられるというメリットがあります。本場の英語を耳で聞き、ネイティブ講師からアドバイスをもらえるというのはトライズの大きなメリットです。

一方、プログリットは効率的な英語学習方法を学ぶことに特化しているため、講師たちはすべて日本人です。学習の方法を教えるわけですから、講師がネイティブである必要はないというわけです。

【比較】スパルタ英会話とTORAIZ(トライズ)の違いは5つだけ短期集中型の「スパルタ英会話」と長期継続型の「トライズ」、二つの英会話スクールを徹底比較。外国人ネイティブ講師のグループレッスンが通い放題のスパルタ英会話なら、実践的な会話力が身につきます。一人での自習学習が苦手なら、スパルタ英会話がオススメです。...

 

学習方法

トライズでは、レッスンと自習を混合したプログラムを使用しています。

✓レッスン
レッスンには、グループでの会話、ネイティブとのマンツーマンの会話、ネイティブとオンラインによる会話、コンサルタントの学習サポート、月に一度のVersantの定期試験、VRを使った実践練習などがあります。

✓自習
週5回のスピーキングの練習とシャドーイング、週6回のレッスン予習があります。

プログリットでは自習のみです。現在の英語力を分析し、個人に合わせた英語学習を提案します。苦手な分野を見極めて、勉強ないような教材を柔軟に変更して生徒それぞれに合った勉強方法を提案します。その勉強方法に従って自習していきます。

また、英語の学習を定着させるために、日々の生活習慣、時間の使い方など細かなところまで指導し、英語学習を習慣化させることを目指しています。

【比較】トライズ(TORAIZ)とライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の違いは5つだけ継続的な学習ができる「トライズ」と短期集中型の「ライザップイングリッシュ」、二つの英会話スクールを徹底比較。英語力向上の結果を確実に出したい人には、チーム一丸となって受講者の学習をサポートしてくれるトライズがオススメです。...

 

オンラインサービス

■トライズ
オンラインコースは2018年の終わりから開始しています。日本人コンサルタントからのアドバイスを得たり、ネイティブ講師との会話のレッスンをオンラインで楽しむことができます。

■プログリット
プログリットは会社設立当時からオンラインサービスを提供しています。オンラインサービスにもかなり力を入れており、独自のオンライン専用ツールを開発しています。画面をホワイトボードのように利用できる機能や、講師と受講生の間で画面を共有できる機能など、しっかりとしたシステムが構築されています。しかし、プログリットはオンラインレッスンはなく、コンサルタントのカウンセリングのみとなっています。

【徹底解説】ほんとうに返金してくれるの?トライズ(TORAIZ)の30日間全額返金保証の仕組み英会話スクール「トライズ(TORAIZ)」の30日間全額返金保証制度の仕組みを徹底解説。分割払いは対象外、受講開始から1ヶ月以内の申請期日など、注意点と契約解除の方法を説明します。...

 

英語レベルの評価方法

■トライズ
トランズでは英語のレベルを測るために「Versant」というテストを評価基準に使っています。耳慣れない方も多いかもしれませんが、「Versant」とは仕事でつかえる実践的な英語力を測るテストです。
特徴としては、TOEICとはことなり、試験の実施と採点までが短時間で行えます。また、英語を実際に聞いて英語で話すというリアルなシーンでのコミュニケーション能力を測ることができます。トライズでは月に一度Versantoの受験があり、それによって英語学習の進捗を測ります。

■プログリット
プログリットはTOEICを英語のレベルの評価基準に使っています。しかし、トライズのような定期受験はありません。

【悲報】TORAIZ(トライズ)を利用してみたがTOEICも英会話も全く向上しない?~体験談~英会話スクールTORAIZ(トライズ)を1年間利用した、IT関連会社勤務・30代男性にインタビュー。レッスンも宿題もひたすら同じ練習を繰り返すTORAIZ(トライズ)のやり方や、Versantという特殊な実力テストなど、リアルな体験談です。...

 

断言!トライズよりもプログリットがおすすめです

プログリットがおすすめな理由

どんな人でも「お金をかけず」に、「短い期間」で英語を習得したいと思っているはずです。それを実現してくえるのがプログリットです。

プログリットは、短期間で効果を出すことに特化したスクールです。そして当然、受講期間が短ければ料金も安くなるわけです。トライズのようにネイティブと実際に会話をするというレッスンはありせんが、教わった勉強方法を実践する、つまり自習によって補えるわけです。

お金や時間を浪費せずに、生活習慣を改善し、自力で英語を身に着ける徹底的なサポートをしてくれます。そして、その習慣を持続するならばさらに飛躍的な英語力アップは期待できます。

岡田社長5
【PROGRIT社長に突撃インタビュー!】プログリット(PROGRIT)で一生モノの英語学習法が習得できる秘密を大公開問題解決型のコーチング学習で、圧倒的に英語力を高めさせてくれる英会話スクール、プログリット(PROGRIT)。一生モノの英語学習法の秘密を、PROGRITの岡田祥吾社長のインタビューから紐解きます!...

 

例外!トライズがおすすめな人

「お金」と「時間」に余裕がある人には向いているスクールです。お金と時間をかけて、ネイティブとのレッスンを楽しみながらゆっくり英語学習を楽しみたいという人はトライズがおすすめです。

英語を学ぶ目的が、とにかく会話力を伸ばしたいという人、また、ネイティブから英語を教わりたいという人はトライズを選ぶべきでしょう。

また、トライズにはTOEIC対策プログラムが用意されています。最大2カ月で200点アップ保障あるようにかなり自信があるようです。とにかくTOEICの得点を短時間で伸ばしたいという人には向いています。

【比較】プログリット(PROGRIT)とライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の違いは5つだけ個人に合わせてカスタマイズする学習プランの「プログリッド」と、受講前のレベルチェックテストで学習カリキュラムを決める「ライザップイングリッシュ」、二つの英会話スクールを徹底比較。一生モノの学習ノウハウが手に入るプログリッドの受講スタイルを解説します。...
卒業生インタビュー
【卒業受講生に突撃!】2ヶ月でTOEICが245点UPしたPROGRITがスゴい「プログリット(PROGRIT)は、留学より効果がある」と断言する卒業生にインタビュー。たった2ヶ月でTOIECスコアが475点から720点と245点アップに成功した大学生が、プログリット(PROGRIT)で学んだ「生産性の高い英語勉強法」を大公開!...

 

【料金】プログリットVSトライズの徹底比較

プログリット(PROGRIT)トライズ(TORAIZ)
入会金55,000円(税込)55,000円(税込)
受講総額2ヶ月プラン:360,800‬円(税込)
3ヶ月プラン:514,800‬円(税込)
【スピーキング】
12ヶ月一括:1,425,600円(税込)
【TOEIC対策】
2ヶ月コース:308,000‬円(税込)
その他の費用【スピーキング】
コンサルティング費:203,500円(税込
割引特典友達紹介で10,000円割引一括払いで受講料・入会費OFF
教育給付金制度ビジネス英会話コースのみ対応
分割払い最大72回(金利14.75%)最大48回(金利7.9%)
行くと後悔する?プログリットのやり過ぎ無料カウンセリングを体験レポート2ヶ月で一生モノの学習ノウハウを手に入れたい方にオススメな、英会話スクール「プログリット」。受講前の専属コンサルタントによる無料カウンセリング内容や課題分析、具体的な学習アドバイスの実例を、体験者のリアルな感想で紹介します。...

 

1か月あたりはトライズが軍配だが、コスパでいうと断然プログリット

✓トライズの受講料
・12カ月一括払いで1,425,600円
・一月当たり118,800円

✓プログリットの受講料
・一月当たり180,400円 (2カ月プラン 360,800円の場合)
・一月当たり171,600円 (3カ月プラン 514,800円の場合)

上記のように、授業料を一カ月単位で比べてみるとプログリットはかなり高くなってしまいます。しかし、プログリットはたったの数カ月でプログラムが終了する効率的な短期集中型であることを忘れてはなりません。

つまり、英語を習得するという目的に焦点を当てて比較してみるならば、トランズでは約150万円かけて1年で英語を習得、プログリットでは50万円かけて3カ月で習得できることになり、トータルで考えるとコストパフォーマンスがいいのはプログリットということになるでしょう。

【比較】プログリット(PROGRIT)とスパルタ英会話の違いは5つだけ生活習慣から日々の学習プログラムまで、個人学習をメインとする「プログリッド」と、ネイティブ外国人講師やトレーナーとの対面レッスンのある「スパルタ英会話」、二つの英会話スクールを徹底比較。短期間で効率良く英語力を上がる、プログリッドの強みを解説します。...

 

「一般教育訓練給付制度」の支給があるのはプログリット

プログリットでは、一般教育訓練給付制度対象コースが用意されています。教育訓練給付金とは教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるという国の制度です。

プログリットを受講した場合、受講料の20%(最大10万円)が支給されることになります。例えば、ビジネス英会話コースの場合、入会金と受講料で518,000円になります。この場合、10万円の支援金が得られ、418,000円で全て受講できることになります。

✓一般教育訓練給付制度を利用するための条件
この制度を利用するためには、いくつかの条件があります。初めて受給する場合は雇用保険加入期間が1年以上であることが条件です。また、2回目以降の需給には、雇用保険加入期間が前回の受講開始日から3年以上経過している必要があります。

【比較】プログリット(PROGRIT)とイングリッシュカンパニーの違いは5つだけ個人学習の方法を指導する「プログリッド」、英語学習の効率化を図る「イングリッシュカンパニー」、二つの英会話スクールを徹底比較。コース終了後も継続して自主学習ができるよう年間計画を作成してくれるプログリッドなら、一生モノの学習ノウハウが身につきます。...
プログリット(PROGRIT)2ヶ月でTOEICが250点UP!ハリウッド映画監督への挑戦inアメリカ英会話スクールPROGRIT(プログリット)で実際に英語力が向上し、ハリウッドで映画監督を目指したアラフォー男性の体験談。PROGRIT(プログリット)のメリットとデメリット、おすすめな人、2ヶ月間の短期集中型プログラム内容をわかりやすく解説しています。...

 

現金分割はトライズ、クレジットカード分割はプログリット

支払い方法についても違いがあります。

✓トライズ
現金支払いのみ可能、クレジットカード払い不可

✓プログリット
カード払い、現金払いの両者に対応

まず、トライズにおいては現金一括払いか現金分割払いのどちらかを選ぶことになります。現金分割で支払いの場合、3回払いから48回払いまでの分割払いに対応しています。

プログリットでは、クレジットカード払いで最大72回の分割払いをすることができます。しかし、プログリットはトライズのような現金分割制度はありません。つまり、クレジットカードを持っていない場合、入校時に現金一括ですべての受講料を払う必要があるわけです。

【暴露】プログリット(PROGRIT)を利用するだけではTOEICも英会話も上がらない?~体験談~英会話スクールプログリット(PROGRIT)の科学的な学習方法をわかりやすく解説。一生モノの英語学習のノウハウを手に入れた受講者が語る、プログリット(PROGRIT)のメリットとデメリット、2ヶ月間の短期集中型プログラムの成果を紹介します。...

 

【保証】プログリットVSトライズの徹底比較

プログリット(PROGRIT)トライズ(TORAIZ)
保証サービス30日以内の全額返金保証
修了後1年間の学習ロードマップ作成
【スピーキング】
1ヶ月以内全額返金保証
中途解約保証
無料延長保証(3ヶ月)
【TOEIC対策】
1ヶ月以内全額返金保証
スコアアップ保障

トライズには様々な保証制度が用意されています。1カ月以内全額返金保証、中途解約保証、無料延長保証などがあります。無料延長保証は12カ月一括払いの場合、最大3カ月、6カ月一括払いの場合1カ月の無料受講ができる制度です。

ただし、注意しなければならないのは、いずれの保証制度も月払いを選んだ場合は適用対象外となってしまうという点です。保証制度を利用してければ、6カ月もしくは12カ月の一括払いを選ぶ必要があります。

一方、プログリットではコースに関わらず30日以内の全額返金保証が用意されています。この30以内というのは入金日や申込日からではなく、初面談日から30日なので、良心的な返金保証と言えます。

【比較】プログリット(PROGRIT)とトライズ(TORAIZ)の違いは5つだけ英会話スクール「プログリッド」と「トライズ」を徹底比較!生活習慣の改善、日々の学習プログラムの提案、コース終了後の自習学習までサポートしてくれるプログリッドなら、お金をかけずに短期間で英語習得が可能です。...

 

【授業】プログリットVSトライズの徹底比較

プログリット(PROGRIT)トライズ(TORAIZ)
受講期間2~3ヶ月2ヶ月(TOEIC対策)
1年(スピーキング)
学習時間月80時間月80時間
学習スタイルマンツーマン型学習サポートのみトレーニング+チーム型学習サポート
進捗確認lineでアドバイスメールでアドバイス
レッスン回数対面面談のみ:週1回/60分【スピーキング】
グループレッスン:週1回/50分
マンツーマンレッスン:週2回/25分
対面面談:月2回
【TOEIC対策】
マンツーマンレッスン:週2回/25分
対面面談:週1回
コースビジネス英語
TOEIC試験対策
TOEFL/IELTS対策
スピーキングコース
TOEIC対策プログラムコース
継続コース有り有り
教材市販教材市販教材
専属トレーナー日本人日本人
レッスン講師ネイティブ
【比較】プログリット(PROGRIT)とイングリッシュカンパニーの違いは5つだけ個人学習の方法を指導する「プログリッド」、英語学習の効率化を図る「イングリッシュカンパニー」、二つの英会話スクールを徹底比較。コース終了後も継続して自主学習ができるよう年間計画を作成してくれるプログリッドなら、一生モノの学習ノウハウが身につきます。...

 

学習サポート

トライズとプログリットでは、異なった学習サポートシステムがあります。

■トライズ
日本人コンサルタント2名とネイティブの講師を含むグループ体制で受講生をサポートしてくれます。メリットとしては日本人だけでなくネイティブからのサポートが受けられるということです。

■プログリット
日本人コンサルタント1名がマンツーマンで受講生をサポートします。ネイティブからのサポートはありませんが、一人のコンサルタントが専属でついて、生活習慣の改善から日々の学習プログラムの提案まで、かなり詳細なサポートをしてくれます。

【比較】プログリット(PROGRIT)とスパルタ英会話の違いは5つだけ生活習慣から日々の学習プログラムまで、個人学習をメインとする「プログリッド」と、ネイティブ外国人講師やトレーナーとの対面レッスンのある「スパルタ英会話」、二つの英会話スクールを徹底比較。短期間で効率良く英語力を上がる、プログリッドの強みを解説します。...

 

レッスン

■トライズ
トライズでは週約2時間のレッスンがあります。詳細は下記のようになっています。

✓オンラインプライベートレッスン(週2回)
約25分のネイティブスピーカーとのマンツーマンの会話のレッスンになります。会話内容は受講生が必要とする内容に特化して学ぶことができます。またオンラインのため受講時間を自由に選択することができます。

✓グループレッスン(週1回)
ネイティブスピーカーおよび複数の受講生との約1時間のグループレッスンです。受講生は最大4人まで参加可能となっています。

■プログリット
プログリットではネイティブとのレッスンは一切ありません。週に一度、日本人コンサルタントとの60分の面談によって進捗状況を確認したり、学習方法を見直したりします。受講生に一人一人に合わせて適切なアドバイスをもらえます。

【比較】プログリット(PROGRIT)とライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の違いは5つだけ個人に合わせてカスタマイズする学習プランの「プログリッド」と、受講前のレベルチェックテストで学習カリキュラムを決める「ライザップイングリッシュ」、二つの英会話スクールを徹底比較。一生モノの学習ノウハウが手に入るプログリッドの受講スタイルを解説します。...

 

TOEIC対策特化プラン

プログリットとトライズのTOEIC対策コースを見てみましょう。

■プログリット TOEIC L6R TESTコース
プログリットでは、点数アップのためのテクニックではなく、基礎文法、語彙力、発音、リスニング力など本質的な英語力を身に着けることを目指しています。

■トライズ TOEIC対策プログラム
トライズでは200点アップ保障があります。また、TOEICの点数アップの効果が出やすいカリキュラムを採用しています。
さらに、トライズでは講師や専門家が最新のTOEICの試験内容を常に研究し、その傾向に合わせてカリキュラムを常に最新のものにアップデートしています。TOEICで高得点を得ることが目的で英語を学びたい場合、トライズのTOEIC対策コースは効果的であるようです。

【徹底比較】プログリットのTOEICコースはおすすめできない?まさかの”3つ”の真実英会話スクール「プログリッド」のTOEICコースの真実を大公開。高得点を取るテクニックだけではない、基礎英語の向上を目指すプログリッドだからこそ、TOEIC対策に有効な学習が可能です。...

 

【立地】プログリットVSトライズの徹底比較

プログリット(PROGRIT)トライズ(TORAIZ)
スクール数全12校全14校
スクールの場所【東京】新宿、池袋、有楽町、渋谷、新橋、神田秋葉原、赤坂見附、六本木
【神奈川】横浜
【愛知】名古屋
【大阪】阪急梅田、西梅田
【東京】新宿、池袋、渋谷、赤坂、虎ノ門、田町三田、秋葉原、銀座、丸の内
【神奈川】みなとみらい
【愛知】名古屋
【大阪】梅田、なんば
【兵庫】神戸三宮
オンラインレッスン全コース対応全コース対応

トライズは都内に9校、大阪に2校、神奈川、愛知、兵庫に1校ずつの合計14校の展開です。一方、プログリットは都内に8校、大阪に2校、神奈川、愛知に1校ずつの合計12校となっています。スクールの数だけでいうとトライズが勝っています。

両者ともライバル視しているのか、どちらも同じような立地条件です。どちらも都内のスクールに関しては最寄駅から徒歩数分以内というかなり便利な場所にスクールを構えています。

全国区での違いとしては、トライズは兵庫県にも校舎を持っていますが、プログリットはまだありません。どちらのスクールも近くに校舎がない場合にはオンライン受講で対応となっています。

 

 

【営業時間】プログリットVSトライズの徹底比較

プログリット(PROGRIT)トライズ(TORAIZ)
営業時間平日 12:00-21:00
土日 09:00-21:00
火~金 13:00-21:15
土 10:00-17:30(※日曜・月曜休校)

営業時間にも違いがあります。まず、トライズは日曜日と月曜日が休校の週5日の営業ですが、プログリットは毎日営業しています。

平日の営業時間に関しては、トライズは13:00~21:15までの営業ですが、プログリットは12:00~21:00までの営業となっています。プログリットの方が45分長く営業しています。

週末に関しては、トライズは土曜日のみ10:00~17:30まで営業しています。一方、プログリットは土日とも9:00~21:00までの営業時間となっています。週末に関してはプログリットの方がかなり長く営業していますので、週末に自習室を使用したい人はプログリットの方が都合がいいと言えます。

 

 

【口コミ】プログリットVSトライズの徹底比較

プログリットの生の声

https://twitter.com/Myriing5/status/1207965693993308163

 

トライズの生の声

 

【結論】プログリットがおすすめです。

一生モノの自主学習ノウハウを手に入れたい方にはオススメです!

英語力を上げるためには、英会話スクールでの期間内の学習だけでなく、コース終了後の自主学習がもっとも重要です。スクール後も、自主学習で英語力を高めたい方は、プログリットがおススメ!

プログリットでは、継続してく自主学習ができるよう年間計画を作成します!

コース受講後も自主学習が継続できる理由

➀1年後のゴールを設定
例:1年後→TOEIC900点

➁中間計画の設定
例:3ヶ月後→780点、8ヶ月後→850点

➂学習項目の時間配分
例:シャドーイング1時間、瞬間英作文1時間、多読30分、英会話30分

➃学習教材の紹介
例:各種教材本、動画など

年間計画を具体的に決めることで、目標のゴールまで継続して自主学習に取り組むことができます!
一生モノの学習ノウハウを手に入れたい方には、プログリットがおススメ。

無料カウンセリングも行っているので、受講を決めていない方も学習方法について相談することができますよ。

【どっちがおすすめ?】プログリットのオンラインと通学の大きな違い プログリットのオンラインコーチングとは? プログリットのオンラインコーチングは、3ヶ月のオンライン受講で留学レベルの英語力を目指す...

無料カウンセリング体験実施中!
 
あれこれ悩むなら、まず、すべて無料カウンセリングを受けてみるのが良いです。
  
過去28名、様々な英会話スクールに通った方をインタビューしましたが、英会話スクールにて満足度が高い方は総じて、
 

「最低3校のカウンセリングを受け、しっかりと比較検討した」方でした。

 
WEBの記事、口コミ等は参考にできるのもありますが、
結局のところ、”ヒト対ヒト”で、先生やカウンセラー相性が非常に重要です。
 
こればかりは実際に行って、見て、話して、聞いて…という泥臭い行動が重要です。
各スクールの魅力を全身で感じてみてください。
英会話スクールに通うことは、決して安い買い物ではありません。足を運ぶことで、各スクールのすごさがわかります。多くのスクールに足を運び、ご自身で色々と検討してみてくださいね。

私が実際に英会話スクールの生徒にインタビューを行い、その中で非常に満足度が高い英会話スクールを紹介します。
 
 
英会話スクールも数多くあり、また費用も高額です。必ず比較検討を行いましょう。
 
どれも無料体験ができるので、ぜひこの機会に体験してみてください!

プログリットロゴ
「短期間×オーダーメイドカリキュラム×自主学習」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。

あらゆる角度から分析し、「英語を話せない原因」を見つけ、専属コンサルタントが最適なカリキュラムを作成します。
従来の英会話教室ではなく、専属コンサルタントが自己学習を継続させるサポートを行います。
プログリットでの成功談はこちら

スパルタ英会話
スパルタ英会話
「短期間×オーダーメイドカリキュラム×授業受け放題」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。
 
日常英会話、ビジネス英会話など希望とレベルに併せてカリキュラムを構築。日本語禁止のグループレッスンは最大10時間まで受講可能。講師も勿論ネイティブ講師。
コンサルティングによるサポートと、疑似留学でできます。
ライザップイングリッシュ
ライザップイングリッシュ
結果にコミット×短期間というキーワードにピン!ときた方にはオススメ。
 
ライザップイングリッシュは、「なりたい自分」を叶えるために独自の結果コミット型プログラムを提供。
学習の成果を感じられるように、スケジュール管理から評価、カウンセリング、計画を立てるRIZAP流PDCAサイクルを行っています。
店舗外の学習も、専属トレーナーと二人三脚で取り組めるから英語学習の継続が可能です!
ミライズ
ミライズ
「国際資格保有の講師×コスパ」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。
 
ミライズの担当講師は、全員がTESOL(英語を指導する国際ライセンス)を保有しています。
また、1レッスンあたりの費用が2,980円からとなっており、その他の教室と比較しても安価で利用できます!
月額制で受講しやすく、希望者は提携先のセブ島への短期留学することも可能です。
ベルリッツ
ベルリッツ
「速く効率的な学習×実践的な英語力×通いやすい」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。
 
ベルリッツは、新しい言語を最大限に活用するために、文化理解することが重要と考えています。異文化のことを学び、コミュニケーションを円滑にするためのマナーや振る舞いまで教えてくれます。
また、自由に選べるレッスン時間、他店舗での受講も無料、スマホ・PCから簡単にレッスンの予約、変更、キャンセルができるので、仕事が忙しいビジネスマンにも通いやすいシステムです。