英会話学校

【評判】PROGRITで英語力が向上し、アメリカへ。ハリウッド映画監督を目指して。~体験談~

Contents

PROGRIT(プログリット)英会話学校の概要

教室数と場所

教室数新宿、渋谷、赤坂見附、神田秋葉原、池袋、横浜、名古屋、梅田

 

料金体系

プラン受講期間面談回数学習時間入会金料金(税別)
ベーシックプラン8週間8回168時間50,000円328,000円
スタンダードプラン12週間12回252時間468,000円
ゴールドプラン24週間24回504時間894,000円

 

コース

コース名期間
ベーシックコース2ヶ月
スタンダードコース3ヶ月

 

 

 

私の自己紹介

簡単なプロフィール

私は映画の助監督として働いているアラフォー男子です。そろそろ良い年なので、一人前の監督として世に出ていきたいという野望を持っています。実は子供のころからハリウッドで仕事がしたいとも思っていました。

中学生の頃の英語の成績は学校に一人いた帰国子女の子を除けば一番。かなり自信はあったのですが、高校に入ったと同時に英語の学習はぴたりと止まり、いつか勉強し直そうと思いながらこの年齢になってしまいました。

 

英会話スクールに通おうと思ったきっかけ・目的

私が映画監督を目指したきっかけは、さきほどお伝えしたとおりハリウッドで活躍するためです。「日本国内で修業をして、いつかはハリウッドに行くんだ」と頭の中で漠然と考えていました。

そのため、ほとんど忘れてしまった英語の勉強もし直そうという気持ちはありました。しかし、実際は仕事が忙しすぎて英語の勉強は手つかずのまま。自分の現状に甘えてこのまま夢をあきらめるのかどうか迷っていた時のことでした。

これまでお世話になっていた監督が海外へ進出したのです。監督からはハリウッドで一緒に働かないかとオファーもいただきました。正直、とても嬉しかったのですが、不安感や恐怖感の方が強く、すぐには決断できませんでした。

しかし自分もすでにアラフォー。神様がくれた最後のチャンスだと思い、ハリウッドに行くことを決めました!そこで問題なのが英語力です。渡米するまでに3カ月弱しか期間はありませんでしたが、短期で学習できる英会話スクールに通うことを決めました。

 

PROGRITを利用した期間は?

私がPROGRITを利用した期間は2018年の5月~6月の2ヶ月間です。

 

PROGRITのどのコースを選択した?

私が選択したコースは、ベーシックプラン(2ヶ月間)のビジネス英会話コースです。実践的な会話をしたいと思っていたので、TOEICのような資格を取ろうとは思っていませんでした。

私の選んだコースは週に1回、合計で8回のコンサルタントとのマンツーマンの面談があります。つまりPROGRITの校舎に行くのはこれだけ。あとはひたすら自分で学習です。

週1回の面談の時にはコンサルタントの人と英語学習の方針を相談します。この面談の時にも、英語学習の内容で分からない部分を質問することが可能。しかしメインで相談するのは、学習の方法と計画です。

時間の無い中で、どのように学習すれば効率的か?自分の苦手な分野をどのように克服するのか?などを話し合います。

 

PROGRITで総費用額は?

  • 受講料金328,000円
  • 入会金50,000円

私が払った費用は合計378,000円です。

料金体系はとてもシンプルでした。私は継続していませんが、この2カ月の期間を消化すると卒業生として少しだけ安い形で継続することが出来ます。
因みに、2ヶ月継続で320,000円です。入会金が不要なのと8,000円安くなります。

 

 

PROGRITを選んだ理由について教えてください

理由1:2ヶ月という短期間だったから

私は3か月後にはアメリカに行くことが決まっていたので、本当に時間がありませんでした。開き直って何も勉強することなく行くことも考えましたが、そうすると暇な時間が出来てしまいます。

私は昔買ったのにほとんど使用せず、真新しい教材を引っ張り出してきました。そして自分で勉強をしようとも考えましたが、1日で挫折です。今まで何度も試みて出来なかったことが、急に出来るわけはないのです。

短期間で英語の勉強が出来るスクールをインターネットで探していたところ、最初に出てきたのがPROGRITでした。2ヶ月間という短期プログラムとの説明があり、実際に利用した人の口コミでは評判が良かったのでPROGRITの説明を受けることを決めました。

 

理由2:コンサルタントに情熱があったから

私がPROGRITの説明を受けに行った時に担当をしてくれたコンサルタントは若くてさわやかな方でした。コンサルタントの方は事前に提出したカウンセリングシートに沿って話を進めていきました。

私が短期間で英語を勉強しなければいけない事、約3か月後にはアメリカにいるという事、ハリウッドで活躍する夢がある事など、英語を勉強したい理由を順番に説明。コンサルタントは私の話を真剣に聞いてくれて、「是非とも夢の手伝いをしたい」と言ってくれました。

私のこのあまりにも大それた夢に対して真剣に向き合ってくれたことがありがたかったです。何より私の心に響いたのは「この2ヶ月間を一緒に頑張っていきましょう!」というセリフ。「一緒に」という部分に感動しましたね。

 

理由3:私の英会話スクールのイメージとは違ったから

私の英会話スクールのイメージは外国人の先生がいて、会話を楽しみながら継続的に学習をしていくというものでした。そして英語が話せるようになるのは1年ほどの期間も必要だと思っていました。

コンサルタントから説明を受けましたがPROGRITは英会話スクールとは違うとの事でした。「英会話スクールというよりも、コーチングスクールです」と言っていました。実際に外国人と話すのは2ヶ月目からで、最初の1ヶ月間は単語や文法をインプットするという作業とのこと。

PROGRITではコーチが私の勉強の進捗をマネージメントしてくれるということでした。これまで自分一人では怠けてしまって続かなかったのが現実です。こういった英会話スクールがあるとは斬新でした。

 

 

PROGRITのカウンセリングはどういった内容?丁寧だった?

PROGRITのカウンセリングはコンサルタントと自分とのマンツーマンで行います。無料体験の日程を申し込む際にカウンセリングシートも記入してメールを送ります。

実際にPROGRITに行ってコンサルタントと話すときはこのシートを参考に話を進めていきます。カウンセリングの内容は以下の通りです。

  1. 英語を学習する目的やこれまでの勉強方法などのカウンセリング
  2. PROGRITでは科学的な方法で言語習得を目指す、という説明
  3. 簡単なテストで現在のレベルを把握
  4. PROGRITの料金説明など

カウンセリングでは実際の自分の状況を説明したり、コンサルタントから英語を使って何をしたいのかを聞かれたりします。その後PROGRITでの短期間学習がどのような理論に基づいて行っているのか説明がありました。

PROGRITの学習方法は言語学の実証データに基づいています。人間が第二言語を習得する上で、脳内ではどのようなプロセスを経て知識が蓄積されていくのか、また自由に使える言語として習得されていくのか、といった説明をしてくれます。

PROGRITの学習方法の説明が終わると簡単なテストを行います。コンサルタントの方が日本語を読み、すぐに英文にするというテストです。3問ほどのテストでコンサルタントは私の弱点をすぐに見抜いていました。

弱点を見つけることで学習のポイントがわかり、効率よく学習が出来るようになるとのことでした。コンサルタントの指摘は非常に鋭かったです。私の場合は中学時代に苦手としていた関係代名詞が弱いと指摘されました。

最後に料金システムの説明を受けてカウンセリングは終わりです。学習内容や方法の説明はとても丁寧でしたし、非常にやる気が出ました。

 

 

PROGRITの先生、スタッフってどうだった?

私のことを担当したコンサルタントの人を一言で表すと「アメとムチの使い分けのスペシャリスト」です。

私の学習に対するコーチングは非常に情熱的で、モチベーションを支えてくれます。毎日のようにLINEで学習の進捗状況を報告し、わからないことがあれば質問もできます。報告は毎日決められた時間に行っていたのですが、10分でも遅れると、コンサルタントの人からLINEがくるので緊張感がありました。単語のテストでは満点に近い点数をとれば褒めてくれます。

しかし一方で、弱点が克服できていなかったり、学習していないことがあったりすると、厳しい指摘が・・・。マンツーマンなので私の行動をすべて把握しているかのように連絡がくるのにはびっくりしました。

 

 

PROGRITの教材のクオリティはどうだった?

PROGRITでは市販の教材を使用します。内容は私がこれまで使用していたような一般的な教材と変わりません。町の本屋に売っている教材です。

PROGRITでの学習は受講料を振り込んだ時点で始まります。コンサルタントから購入する教材のリストがLINEで送られてくるので、すぐに手に入れました。私はまず単語帳と文法の教材を購入しました。そしてこの教材を端から端まで全て暗記するくらいの勢いで覚えていきます。

同じ教材を何度も何度も口に出したり、ノートに写したりしながら完璧に覚えるのです。受験勉強と変わりません。もしかしたら受験勉強以上に詰め込まれます。市販の教材なので内容のクオリティは変わらないでしょう。

 

 

【断言】PROGRITなら英会話力が向上する!

0ヶ月目の授業内容と英語力の変化

PROGRITでは購入した単語帳を利用して1日に50個以上の単語を覚えていきます。さらに文法書に出ている例文を全て暗記するまで声に出して読む練習をしておくという宿題が出されました。初めてのコンサルティング時には宿題で出た範囲のテストをされます。初めてのテストでかなりの量の単語のテストをしなければいけません。

PROGRITのプログラムは、体験でカウンセリングをしてもらった時点から始まっていると言ってよいでしょう。この時はとにかく言われた通りに、単語と文法書の例文を覚えまくりました。テストの時に日本語を言われただけで、すぐに英語に直して口から出てくるくらいになっていました。

 

0.5ヶ月目の授業内容と英語力の変化

PROGRITの初期の勉強方法は非常にシンプルです。ただ教材を丸暗記するだけ。

これまでは文法的な用語「関係代名詞」「比較級」「5文型」など、頭で覚えていました。もちろん頭でも覚える必要はあるのですが、この頃は全て口で覚えるという勉強方法。頭よりも先に口から説明文や英語の例文が出てくるというくらいには覚えていました。

この頃に感じたことですが、例文を全て覚えることで日本語を即英文に直すという能力が身についたと思います。コンサルタントのテストでは、単語だけではなく時々例文を出題されることがありました。不思議なことですが、文章になっても今まで覚えた単語を組み合わせて自然と口から出てくるようになっていました。これには自分でも驚きました。

 

1.5ヶ月目の授業内容と英語力の変化

PROGRITでの学習も終盤に差し掛かると、少しの隙間時間でも勉強をするようになります。電車での移動時間はもちろんですし、食事を一人でしている時ですら単語帳を開いて勉強していました。

また何気ない生活でも勉強は出来るのです。町を歩いている時に英語でメッセージが書かれているTシャツを着ている人を見かけると、つい読んで日本語に訳してしまうのです。日々の生活の中に英語を学習する癖がついていきます。

そして最後の1ヶ月はオンラインでフィリピンの人と英会話をします。この時にPROGRITで学習し始めてからの一番の驚きがありました。

それは英語で質問をされた時に、英語で質問に対する答えを考えているということです。この感覚には本当にびっくりしました。今までは日本語で考えて、英語に翻訳してから答えていました。しかしこの段階である程度の会話は日本語に直す必要がなくなったのです。

 

 

体験者だからこそわかるPROGRITのメリット・デメリット

PROGRITのデメリット

アウトプットの場はオンラインだけ

PROGRITのデメリットとしてあげられるのは、ネイティブな人と英会話をする機会が非常に少ないという点です。

後半の1ヶ月はオンラインでフィリピン人と話す機会があります。しかしオンラインだと、何となく話している気になれないことがあったのも事実です。ネットの回線も悪い時があり、相手の話が聞き取れない時もありました。

実際に英語で話すことは楽しいですが、やはり直接会って話したいと思いました。PROGRITにはネイティブな講師がいるわけではなく、完全なコーチングスタイルです。生きた英語を試せないという点がデメリットです。

 

PROGRITのメリット

コンサルタントの人が熱心に勇気づけてくれる

私はこれまで自分一人で英語の勉強を何度も試みてきました。そしてその度に挫折してきました。中学生の時の成績が良かったという成功体験も、自分を怠慢にさせていたのだと思います。

しかし担当のコンサルタントの人は厳しいときもありましたが、総じて勇気を与えてくれますし、学習を応援してくれます。誰かが自分の学習を見てくれるだけで怠慢になることもなく、学習を続けていけるということを知りました。

短期間の間にスランプのような状態になることもありましたが、コンサルタントのおかげで何とか乗り切ることが出来ました。一人では最後まで勉強を続けることは無理だったと思います。

 

勉強方法を知ることが出来る

PROGRITで教わった勉強方法は、これまで私が知っていた勉強方法とは全く異なりました。まずは教材の丸暗記。これはシンプルな勉強方法でした。単語を覚えるということはもちろんやったことはありますが、例文まで全て丸暗記はこれまでやったことがなかったように思います。

もう一つの勉強方法として「シャドーイング」があります。これは初めて知る勉強方法でした。ネイティブな人の会話をそのまま繰りかえして口に出していく勉強方法です。最初の方は全く聞き取れなかったですし、口に出すことなんて全く出来ませんでした。しかし徐々に慣れてくると発音も良くなっていきますし、聞き取りも出来るようになっていきます。

これらの勉強方法を知れただけでもPROGRITでの学習は価値があるものです。

 

実際に英語で考えられるようになる

PROGRITの学習では英語の勉強を英語で出来るようになるのが最大のメリットだと思います。この感覚を説明するのは難しいのですが、実際に英語の勉強をしている時に例文を読んでいると英語でイメージをすることが出来るようになるのです。

PROGRITでの学習を始める前は全て日本語で考えていました。英語の文章を日本語に直し、日本語で考えて更に英語に翻訳するということです。しかし英語の詰め込み勉強をずっと行っているうちに、いつの間にか英語で考えるようになります。

英語で考えるという状態になると、なによりも英語の勉強が非常に楽しくなります。楽しくなれば勉強もはかどりますし、英語力もどんどんと上がっていきます。

 

 

【大公開】PROGRITへ気になるQ&A

Q1 外国人講師はいるのですか?

外国人講師は基本的にはいないと考えてよいと思います。

コンサルタントに管理されながら勉強を進めていくのがPROGRITのやり方です。後半にチャットでの直接英会話がありますがこの人達は講師と言うほどの人ではなく、日常英会話を楽しむレベルの人たちです。パンフレットには外国人のコンサルタントの写真もありましたが私は会ったことがありません。

 

Q2科学的な学習方法とはどのようなものですか?

言語学に基づいた勉強法として無料カウンセリングのときに説明されます。

ざっくり言うと私たちは第一言語である日本語で話している時にリスニングや翻訳はしておらず会話に対して会話をすぐに返すという脳の構造になっています。
そして、PROGRITでは短期間で集中的に英語を頭に叩き込むことによって考えることなく日本語と同様な形で英語が話せるようになることを目指すとのこと。

コンサルタントの人はこの方法の説明を丁寧に行ってくれます。

 

Q3本当に2ヶ月で英語が身に付くのですか?

先に結論から言うと、かなり英語力は上がります。先にインプット部分である、語彙力・文法力が身につきます。

単語量だけで言えば大体2,000語ほどは頭に入ります(使用した単語帳がこの量でした)。口に出して英作文を行っていた分、アウトプットに関してもインプットに続く形でレベルアップしていきます。頭の中に単語と文法が入ってくると、ネイティブの人の言葉も聞き取れるようになります。

習得する順番は異なりますが、ライティング、スピーキング、リスニングと全てのスキルが身に付きます。

 

 

【総論】PROGRITはゼッタイにおすすめ

効率の良い勉強方法を知りたい人

結論から言うと、2ヶ月で完全に英語を覚えられるわけではありません。

しかし今現在アメリカで仕事をしながら英語の勉強もしているのですが、ネイティブの人が話していることのほとんどは聞き取ることが出来ますし、込み入った議論でなければ返事もできます。

何よりも大事なことはネイティブの人の話で分からないことがあっても聞き返せる点です。質問が出来るレベルになると、実際に話しながらも勉強になっていますし、自分一人になった時にも更に勉強をすることが出来るのです。

自分のレベルアップが見込める勉強方法を身に付けると、勉強も楽しくなります。

 

英語力の伸びに悩んでいる人

英語の勉強以外にもPROGRITでのプログラムで学んだことがあります。それは全てに共通して言えることだと思うのですが、基本がとても大事だということ。

PROGRITでの英語の勉強は基礎固めから入ります。この時のインプットがあったからこそ、ネイティブなスピーカーとの会話でアウトプットが出来たのだと思います。
日常英会話も英語の応用です。今現在アメリカ人と話していると感じることですが、基礎的な文法やボキャブラリーが無ければ簡単な会話も続きません。

そして毎日新しい表現や単語を覚えるのですが、基本的な文法が完全に頭の中に入っているからこそ、頭の中で位置づけられると思っています。

基本的な事柄を全て頭に叩き込むというPROGRITのやり方はシンプルですが本当に実践的です。