TOEIC

まだTOEICで消耗してるの?TOEIC Bridgeをまずは受けるべき真実

toeic bridgeとは

toeic bridgeとは

概要

TOEIC Bridge Testは今後TOEICを受けてみたい英語学習者が練習として受けるテストとしておすすめされているテストです。

難易度はTOEICと比べると少し易しくなっていて、「初・中級者向け」の出題になっています。

概要

まだTOEICを受けるのに不安がある方や英語の勉強を始めたばかりという方におすすめのテストです。問題の出題のされ方などもTOEICとほぼ同じですべての問題が英文で作られています。

テスト構成は、リスニング50問(約25分間)+リーディング50問(35分間)の合計約1時間となっているので、テスト慣れをしていない方も集中力を切らさず受けることが出来るでしょう。

また、結果についても合格・不合格ではなく、20点~180点までのスコアで受け取ることが出来るので自分の強みや弱点を明確に知る事が出来ます。

日程

 

 

料金

4,320円(税込)
※一度納入された受験料は返金できません。

 

会場

学校・公共機関の施設を試験会場として予定しています。
試験会場(会場名・所在地・案内図)は「受験票」で各受験者に直接ご連絡します(試験会場の指定はできません)。

TOEIC Bridge Testの類似サービスとしてTOEIC SQUAREがあります。

TOEIC SQUAREとは国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が運営する、TOEICに関するあらゆる情報を掲載した公式サイトです。

TOEIC SQUAREの活用方法として、公開テストの申し込みやテスト結果の詳細確認だけではなく、リーディング・リスニングの対策方法やより幅広いビジネス英語に触れる為に、社会で活躍する著名人等のインタビュー記事(英語)などを読むことができます。

詳しくは下記ページで解説していますので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【保存版】TOEIC SQUAREって?活用してない人はめっちゃ損してるよwwTOEIC SQUAREとは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)の運営するTOIECに関する様々な情報を提供する、公式サイトです。TOEIC前にTOEIC SQUAREを活用することにより、正解率を上げるコツや幅広い知識を交えて英語に触れることができ、TOEICテスト後も実用的な英語の習得にもつながります。...

 

toeic bridgeのメリット

toeic bridgeのメリット

テスト初心者でも受けやすい

テスト時間が約1時間のため少ない時間で気軽にテストを受けることが出来ます。一斉に受けるテストで緊張をしてしまう方や英語の勉強を始めたばかりで長時間集中力が保てない方もプレッシャーを感じずに受けることが出来るテストです。

TOEICと比較をするとTOEICはリスニング100問(約45分間)+リーディング100問(75分間)合計200問の約2時間

TOEIC

一方のTOEICbridgeは、リスニング50問(約25分間)+リーディング50問(35分間)合計100問の約1時間です。単純に問題の数も試験の時間も約半分ということになります。

TOEICbridge

 

英語能力の確認が出来る

客観的に基礎英語能力の確認が出来ます。小学校や中学校で英語の勉強をはじめたばかりの方や、大人になってまた英語を見直している方は自分の英語力がどれくらいあるのかを客観的に知る機会はあまりないと思います。

そのような英語学習初心者・中級者の方でも、TOEICbridgeを受けることにより、読む能力、聞く能力がどれほど身についているのかをTOEICと似た形式で試すことが出来ます。

その上、出題内容もTOEICがビジネスシーンの問題が多く含まれているのに比べTOEICbridgeは、身近なものや日常的な状況が多く出題されるので、学校や参考書で学んだ英語をそのまま活かしてテストを受けることが出来ます。

toeic bridge申込み手順

IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)のHPにアクセスしてください。
IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)のHP

 

「テスト詳細」タブをクリック⇒右下の「toeic bridge test」「テスト申し込み方法・受験料」をクリック
toeic bridge test

 

「インターネットで申し込む」をクリック
インターネットで申し込む

 

「受験申込」ボタンをクリック
受験申込