英会話

【保存版】リンキングの5つのルール~英会話上達への近道~

リンキング(音の消失)とは

リンキング(音の消失)とは
リンキングとは「英語を文章単位で発音するとき、単語の末尾の音と次の単語の最初の音がつながって違う発音になる」という現象です。

違う発音になるというのは、つながったふたつの単語をそれぞれ単語単位で発音したときと比較すると別の音に聞こえるという意味です。

例えば「Pick up.」は単語ごとに発音すると「ピック アップ」ですが、これをネイティブが発音すると「ピッカップ」と聞こえます。”k”と”u”がくっついて/kʌ/となっている発音です。これがリンキングです。
 
 
 

類似発音方法として

類似発音方法として
リンキングと同じように英語を発音するときに起こる現象としてリダクションとフラッピングがあります。

リダクションとは

リダクションは「単語中や文章中で、発音されるはずの音が発音されなかったり、かなり弱化して発音されたりする現象」のことです。例えば「Good luck.」という単語。文字通りだと「グッド ラック」と読めますが、これがリダクションで「グッラッ」となります。

“Good”の”d”の発音が弱化している例です。速いと音が脱落しているようにも聞こえるでしょう。初めはリスニングの際に苦労するかと思いますので慣れるまでは聞き取る練習が必要です。
 
 
 

フラッピングとは

フラッピングは「アルファベットの発音そのものが単語や文章中で変わってしまう現象」で、特に“t”と”d”が”r”に近い発音になることを指します。例えば「Not at all.」という単語は「ナラロー」という発音に聞こえます。

これは”Not at”の”t”と”a”がつながって(リンキング)、さらにフラッピングをすることで、/rə/【ラ】の発音になっているのです。”at all”も同じように”t”と”a”がリンキング&フラッピングをして/rɔ́ː/【ロー】の発音になっています。
 
 
 

リンキングのポイント

リンキングのポイント

文章を読むときに「スペース」で区切らないこと

英語を読むときに日本人がやってしまいがちなミスとして「スペース」ごとに区切って読んでしまうということがあります。「I like you.」という文章があったときスペースごとに区切って読むと「アイ ライク ユー」となってしまいます。これはリンキングを学ぶ時には致命的です。

「わたしはあなたが好きです。」と日本語で書いたとき、これを「わたしは あなたが 好きです。」と読む人はいないでしょう。これと同じように、英語の文章も単語単位ではなく文章で考える必要があります。

リンキングは文章を読むときには必ず起こるもので、このような変化は珍しいものではありません。例の「I like you」も「アイライキュー」と読むようになります。リンキングの法則を次の項で述べますので確認しておきましょう。
 
 
 

リンキングは英語の聞き取りで必要

リンキングは実際に話すときにはあまり必要のないものだといえます。ネイティブ並みの発音を目指すのであれば習得をオススメしますが、意思疎通を図るうえではあまり関係ありません。しかし、リスニングとなると話は別です。

ネイティブの発音にはかなり頻繁にリンキングが行われるため、単語を知っているのに聞き取れないということもしばしば。流暢な英語を理解するためには、リンキングで連結して発音されている文章を、単語単語でわける必要があります。これを身に着けるには訓練を積まなければなりません。

海外のニュース、ドラマ、試験のCDなど、実際のネイティブの発音をよく聞いて練習するのが最も効果的です。このとき、可能であれば文字起こし&英訳の文章がついている教材を選ぶと良いでしょう。
 
 
 

リンキングの練習ならシャドーイングが効果的

ネイティブレベルの発音を身に着けるためにはリンキングの知識と経験が不可欠になってきます。練習にはシャドーイングがおすすめです。シャドーイングとはネイティブの発音する文章のあと、1~2秒遅れて、聞こえた通りの英語を発音する練習です。

このときスクリプトを見ずに発音することが理想ですが、初めは見ながら読んでも大丈夫です。ただし視覚情報に頼るのではなく聴覚情報を優先するように心がけましょう。

リンキングのパターンは無限にあるためすべて覚えるのは不可能ですが、実際のネイティブの発音に触れながら真似するうちに感覚が身についてきます。ある程度の法則が分かってくれば発音も洗練されてくるので、そういう意味でもシャドーイングが一番の近道だと言えます。
 
 
 

リンキングの法則

リンキングの法則

法則① 基本は子音+母音

ルール:前の単語の最後の音が子音+その直後の単語のはじめの音が母音

例文:「How are you?」

誰もが「ハワユー?」と発音すると思いますが、こちらも“”w””と””a””がリンキングし/wə/【ワ】という発音になっています。

子音+母音ならほぼ確実にリンキングが起こります。ただし、子音+母音だからといって自己流でリンキングを作るのは避けましょう。聞き取ってもらえない原因にもなりますので注意が必要です。
 
 
 

法則② 子音+y 特にyouには注意

ルール:子音で終わる単語+yで始まる単語 特に次の単語が””you””の場合

例文:「Can you~?」「I need you.」など。

“”you””は英会話においては何度も使われます。そして頻繁にリンキングが起こる単語でもあります。先に挙げた「Can you~?」を例にとると、“”n””と””y””のリンキングにより/n‿yә/【ニュー】となります。

特に””k””、””n””、””t””、””d””、””s””、””z”” と””y””は繋がることを覚えておきましょう。発音する際も””you””のまえの単語を注視するように気をつけると良いです。
 
 
 

法則③ 母音+母音

ルール:母音で終わる単語+母音で始まる単語の組み合わせ。

例文:「the end」「go on」

母音から母音へとつながる場合には””y””または””w””の音が挿入されます。””y””が挿入される例としては「the end」→「ディ ィエンド」で、””y””の前の母音が””a””、””e””、””i””である場合、続く母音の前に軽く””y””の音が入ります。

“”w””が挿入される例としては「go on」→「ゴー ゥオン」で、””o””、””u””である場合、続く母音の前に軽く””w””の音が入ります。
 
 
 

法則④ inやonなどの短い前置詞との結合

ルール:子音で終わる単語+母音で始まる前置詞

例文:「come on」「in front of」

前置詞がつながる場合はリンキングされると一瞬で発音が終わるため聞き取りが難しいです。例えば「Come on.」という単語ですが、こちらは「カム オン」ではなく「カモン」と読みます。“”on””、””in””、””and””は発音されると””n””だけしか聞き取れないため判別が特に困難になります。

他の例としては「in front of」があり、「インフロンタ(ト)ブ」と発音します。こちらは””of””の発音が残っているため、やや聞き取りやすいでしょう。
 
 
 

法則⑤ 同じような子音が続く場合

ルール:同一子音や似たような子音が続く場合は、重なってひとつの音が脱落します。

例文:「beautiful land」「good toy」

同一子音が続く例としては「beautiful land」が挙げられ、前後に続く“”l””が同時に発音され/bjúːṭɪf(ə)lǽnd/となります。

似たような子音としては””t””と””d””と””th””、””s””と””z””、””f””と””v””などが挙げられます。例としては「good toy」が挙げられ、こちらも””d””と””t””がリンキングして/gutˈɔɪ/となります。
 
 
 

リンキング練のおすすめ教材

「CD付 聴こえる!話せる!ネイティヴ英語 発音の法則」

CD付 聴こえる!話せる!ネイティヴ英語 発音の法則

リスニング・スピーキングとも、リンキングの練習をしたいのであればこの一冊!

「CD付 聴こえる!話せる!ネイティヴ英語 発音の法則」では、ネイティブの発音のリスニングとスピーキングのポイントを徹底解説してあるため、知識としても経験としても身に着けることが可能です。

日常で使える重要なフレーズを掲載しているため実践でも使えます。

 

「CD付 耳と口が「英語モード」になる 同時通訳者のシャドーイング」

CD付 耳と口が「英語モード」になる 同時通訳者のシャドーイング

同時通訳者によるシャドーイングのトレーニング本「CD付 耳と口が「英語モード」になる 同時通訳者のシャドーイング」では、初心者~上級まで段階的なトレーニングが可能になっています。

ビジネスからインテリジェンスな会話まで幅広いジャンルを扱っているため、飽きることなく勉強を進めることができるでしょう。

 

英語検定の過去問教材を活用するのもオススメ

過去6回全問題集CD

上記ふたつの教材でリンキングとシャドーイングについての知識を身に着けたら、さらに練習をこなすことがひつようになります。

そこで重宝するのが英語検定過去問教材の「過去6回全問題集CD」シリーズです。

1000円強の安価で入手できる上に、ネイティブの発音とスクリプトがついているため、自分の実力に合わせた級の教材を購入してレベルアップを目指しましょう。