英会話学校

【評判】ワンナップイングリッシュを利用してみたがTOEICも英会話も全く向上しなかった話ww~体験談~

Contents

ワンナップイングリッシュ英会話学校の概要

教室数と場所

◯6校

新宿校(東京都新宿区西新宿7-10-6西新宿小林ビル7F)
品川校(東京都港区高輪3-25-20京急第5ビル2F)
銀座校(東京都中央区銀座3-3-14啓徳ビル7F)
恵比寿校(東京都渋谷区恵比寿南1-2-11フォーシーズン恵比寿ビル5F)
東京・日本橋校(東京都中央区日本橋3-4-16春陽堂ビル3F)
横浜校(神奈川県横浜市西区北幸1-11-5相鉄KSビル7F)

料金体系

●受講料:1レッスンあたり5,000円台~7,000円台(受講されるコースによってレッスン単価は変動)支払は一括・分割どちらも可”

コース

マンツーマンレッスン(1回50分)

・レギュラーコース

・デイタイムプラン

・ステューデントプラン

・教育訓練給付金対象コース

ワンナップイングリッシュ

私の自己紹介

簡単なプロフィール

私は都内のクラブでDJをしながら生計を立てている30代です。クラブでのプレイのほかに多くのアーティストに音楽をプロデュースする仕事も行っています。有名ではありませんがこのプロデュース業で何とか日々の生活費は稼げています。

日本人の若いアーティストたちだけではなく、海外のアーティストからも楽曲提供の依頼は時々来ています。基本的にデータのやり取りで済ませるのですが、お互いに納得のいった音楽なのかどうかは疑問が残ります。なぜなら言葉の壁があり相手の感想すら分からないからです。

 

英会話スクールに通おうと思ったきっかけ・目的

10代のころからDJを行っていて20代のころにはある程度の生活費を稼げるプロとして独立しました。最近では海外からの音楽提供の依頼も多く受けるようになり、活動の場が広がりつつあります。

若い頃は「言葉が通じなくても音楽で世界は繋がれる」と思っていました。しかし最近、実際に海外のアーティストに音楽を提供するようになってから、ある程度のコミュニケーションが取れないと、お互いに納得のいく音楽を作ることが出来ないということに気づきました。

お互いが欲しいニュアンスをすり合わせることが出来ないからです。音楽を提供するにも英語での会話が非常に重要であり、今後海外を相手にしていく上で英会話能力は必須だと思い、英会話スクールに通おうと思いました。

 

ワンナップイングリッシュを利用した期間は?

私がワンナップイングリッシュに通った期間は2018年の10月から2019年の3月までの6ヶ月間です。そのうちの3ヶ月間はコーチングプログラムも利用しました。

 

ワンナップイングリッシュのどのコースを選択した?

私が選んだコースはレギュラーマンツーマンコースです。24回のレッスンを6ヶ月間通して行いました。この回数はコース内でも最も少ないレッスン数になります。また私の場合はコーチングプログラムも付けて短期間で集中して英語を勉強する期間も設けました。

そのため私の場合は6ヶ月間のレギュラーマンツーマンコースに加えて3ヶ月間のコーチングプログラムのオプションをつけたことになります。

 

ワンナップイングリッシュで総費用額は?

  • 入会金32,400円
  • 教材費8,640円
  • カリキュラム作成費5,400円
  • レッスン料206,064円
  • コーチングプラン162,000円(54,000×3ヶ月分)

私がワンナップイングリッシュに支払った総費用は414,504円です。

 

 

ワンナップイングリッシュを選んだ理由について教えてください

理由1:体験入学の時にスタッフが真剣に話を聞いてくれたから

私がワンナップイングリッシュに決めた理由は、体験レッスン時にスタッフが真剣に私の話を聞いてくれたという点にあります。

私が音楽関係で生計を立てていて海外のアーティストたちへも楽曲を提供するために英語が必要だと話すと、英語の勉強方法をきちんと教えてくれました。

特にワンナップイングリッシュをゴリ押ししてくるわけではなく、純粋に英語を勉強する同志が欲しいという人でした。他の英会話学校の勉強方法や料金に関しても詳しくて、私にとって最適な学校を選び英語を習得して欲しいと言っていたのが印象的でした。

自分のスクールの宣伝のために営業をしてくるわけではないことに好感が持てましたし、信用が出来ると思いワンナップイングリッシュに決めました。

 

理由2:落ち着いた雰囲気の学校内を気にいったから

ワンナップイングリッシュの内装は非常にシンプルで落ち着いた雰囲気です。私が通った新宿校はエレベーターを降りると1フロアすべて教室になっていて、同じ色調で統一されています。体験に行った時に感じたのは非常に落ち着いた雰囲気だった印象です。

通い始めてから、防音設備が悪いということに気づいたのですが、体験の時は非常に静かでした。特にインテリアにこだわっているわけでは無いのですが、余計なものを置いていないのもシンプルで好感がもてます。

入口にはゆったりとしたソファがあり、レッスン前にこのソファでくつろぐことも出来ますし、勉強をしていることも出来ます。ワンナップイングリッシュに通っている生徒の憩いの場ともいえる空間です。コーヒーを飲みながらゆっくりと過ごせますのでとても快適です。

 

理由3:BBGや運動会などのイベントがあったから

ワンナップイングリッシュには珍しいイベントがたくさんありました。英語圏で行われるパーティーであるハロウィンクリスマスは大々的に行われていて、生徒の多くも参加していました。

BBQなども定期的に行われるということで、とても楽しそうな写真をみてワンナップイングリッシュに入会することを決めました。私自身が昔からパーティーが大好きでした。英語の勉強と共に新たな人々との出会いも楽しめる機会が用意されているのは、非常に魅力がありました。

このイベントの様子はパンフレットの写真からも知ることが出来ました。どのイベントも本格的なパーティーです。キリスト教の本格的なハロウィンやクリスマスには文化的な興味もありましたし、海外には行けなかったのでワンナップイングリッシュでこれらの文化を楽しもうと思いました。

 

 

ワンナップイングリッシュのカウンセリングはどういった内容?丁寧だった?

私がワンナップイングリッシュのカウンリングに行った時の流れは以下の通りです。

  1. カウンセリングシートに必要事項を書き込む
  2. 外国人の先生と体験レッスン
  3. スタッフの人とのカウンセリング

ワンナップイングリッシュに着くとまずはレッスンルームに通されて、カウンセリングシートを書きました。書き込む必要があるのはこれまでの英会話学習の経験や資格の有無、そして英語を習得するのはどのような目的なのかを記入します。

カウンセリングシートへの記入が終わると、外国人の先生とのレッスンが始まりました。私のレッスンを担当してくれたのはカナダから来ている女性の先生でした。非常に優しくて話しやすい人でした。

体験レッスンはお互いの自己紹介から始まります。続いて実際に使っている教材を使い簡単な模擬レッスンを行いました。先生が良かったのかとても楽しく過ごしました。

体験レッスンの後は日本人のスタッフとのカウンセリングになります。日本人スタッフとのカウンセリングもとても良いものでした。ワンナップイングリッシュのコースの紹介や料金説明、使用する教材などを見せてくれます。

体験レッスン時に外国人の先生が私の英語レベルを判定しています。私の英語レベルも踏まえ、目的に合わせたコースをすすめられました。

スタッフの人は本当に私に英語が話せるようになってもらいたいと思っているようでした。勉強方法や無料で活用できるアプリなど様々な役立つ情報を教えてくれました。とても参考になりました。

 

ワンナップイングリッシュに通っている人はどういった人が多い?

私がワンナップイングリッシュに通っている時間帯は基本的にデイタイムでした。午前中に通うことも多く、この時間帯には高齢でお金持ちそうなマダムが毎日のように来ていました。直接話したことは無いのですが、英語は初心者だと思います。

ワンナップイングリッシュは全て1フロアの中にパーテーションで仕切られたレッスン部屋があります。そのため他の人々のレッスンの声はとてもよく聞こえていました。マダムの英語はたどたどしいものでした。

他の生徒とのエピソードと言えば、1度だけワンナップイングリッシュ主催のBBQに参加しました。その時は高齢の方や家族連れの方もいました。ワンナップイングリッシュに通っている人の中で人数の多い年齢層は、30代から40代の会社員の人です。

BBQ会場で何人かの人と話しましたが、今後のキャリアアップやステップアップのために英語を勉強している人がほとんどでした。

 

 

ワンナップイングリッシュの先生、スタッフってどうだった?

ワンナップイングリッシュの外国人の先生は皆優しくて話しやすい感じの人が多かったです。清潔感もあり好感が持てました。

特に印象に残っているのは事務の仕事をしている人のエピソードです。ワンナップイングリッシュには事務の仕事をしているスタッフがいるのですが、ある日クレームの対応に追われていることがありました。クレームをしているのは毎朝レッスンに来ているマダムです。

ほとんどの会話のやり取りが聞こえていたのですが、マダムとしては他の人の声がうるさすぎてレッスンにならない、とのこと。かなりの剣幕だったのでスタッフも慌てていましたが、何とか頑張ってマダムをなだめていました。

このクレームのやり取りは全て聞こえていました。おそらく私の声が大きかったためのクレームだったために、私としては非常に気まずい思いをしてしまいました。多くのクレームに対処しているスタッフの方には頭が下がる思いでした。

 

 

ワンナップイングリッシュの教材のクオリティはどうだった?

ワンナップイングリッシュの教材は個人によって異なります。私が希望したのはビジネスでの英会話です。なぜなら企画をプレゼンするために会議で使えるフレーズを必要としたからです。

さらに日常の会話も必要としました。海外のアーティストとコミュニケーションを取りたいと思ったからです。私が選択したのはビジネス用とコミュニケーション用の教材です。

教材は本になっているわけではなく、1枚ずつ独立しています。そのため毎レッスンで違うシチュエーションの勉強が出来ました。教材は3つの内容に分かれています。

  • ウォーミングアップの会話
  • 覚えるべきよくあるフレーズ
  • フレーズを使用した会話

レッスンはいつも簡単な会話をしてから始まります。その後様々なシチュエーションで使用頻度の高いフレーズを勉強します。

フレーズを覚えたら実際に会話にそのフレーズを入れ込んで話してみるという流れになります。文字だらけの教材でしたがレッスン時の会話にはとても役に立ちました。

 

 

【断言】TOEIC、英会話力は全く向上しない!!!

1ヶ月目の授業内容と英語力の変化

私が初めてワンナップイングリッシュのレッスンを始めた時に一つだけ勘違いしていたことは、単純にレギュラーコースを受講したとしてもコーチは付かないということでした。

最初の1ヶ月はコーチングプログラム無しで進行してきました。レッスンは週に1回だけ教室に通えばよいだけでした。言葉以外のコミュニケーション能力は自分でもあると思っていましたし、毎レッスン楽しく過ごしました。

しかし勉強の方はほとんどやっていませんでした。コーチングプログラムが始まれば自分からも積極的に勉強するだろうという受け身の考え方で初月は終わりました。

1ヶ月目のレッスンで身についたのは外国人とでも臆さず話せるということでしょうか。文法などの勉強は全くしていません。

 

3ヶ月目の授業内容と英語力の変化

2ヶ月目からはオプションでコーチングプログラムをつけて本格的な学習に入りました。コーチングプログラムにより、日本人のコーチがつきましたが予想以上にきつい管理でした。

朝起きてから夜寝るまでの間のスケジュールをまず初めに組まされ、無駄な時間が無いようにスケジューリングさせられます。スケジューリングをしてみると、これまで生活していた中でかなり無駄な時間を過ごしていたことがわかります。

私が無駄に過ごしていた時間は1日の中で合計4時間ほどです。このうちの1時間は休憩時間として何に使っても良いですが他の3時間は全て英語の学習に当てるようにコーチから指示されました。

毎日朝から単語を覚える、フレーズを声に出す、レッスン前の予習などをしなければならなかったので生活が急に忙しくなりました。

 

5ヶ月目の授業内容と英語力の変化

コーチングのプログラムが終わって、ちょっと一息ついていると、自然と自分でも学習をする癖がついていることに気づきました。コーチングプログラムが終わったので誰も監視していないと思い、横になってもなかなか寝付けず英語の勉強が気になるようになるのです。

またもう一つ気づいたことがあます。何となくではありますが、洋楽を聞いている時に英語の歌詞がわかるような気がするのです。特にバラードなどのゆったりとした曲の歌詞はところどころわからない単語はあるものの、何を歌っているかはわかるようになりました。

それでも仕事で海外のレコード会社の営業担当者に会うことがありましたが、ビジネスの話になると全くわかりません。契約のための話だったようですが、英語が堪能な他のスタッフを介して出なければ話になりませんでした。

ワンナップイングリッシュでの学習を半年続けたとしてもバラードの歌詞を少し聞き取れるくらいで、会話が出来るようにはなりませんでした。

 

 

体験者だからこそわかるワンナップイングリッシュのメリット・デメリット

ワンナップイングリッシュのメリット

常にレッスンの内容をカスタマイズ出来る

ワンナップイングリッシュでは、自分の用途やレベルに合わせてレッスンをカスタマイズすることが出来ます。

英語を勉強するにしても、個人によっては用途も英語力も違います。同一の教材を使用して、用途に合わない学習をしたりレベルに合わない勉強をしたりしていても英語は身に付きません。

ワンナップイングリッシュは使える英語とレベルアップを目指すためにレッスンをいつでもカスタマイズすることが出来るので、自身の用途やレベルに合わせたレッスンに変えられるのがメリットです。

 

ワンナップイングリッシュのデメリット

他のレッスンの声がうるさい

ワンナップイングリッシュのデメリットとして他のレッスンの声がうるさいというデメリットが挙げられます。

ワンナップイングリッシュは1フロアの中にパーテーションで区切られた個人レッスン部屋がある作りになっています。パーテーション1枚で仕切られているだけなので防音設備は整っていません。

実際に私がレッスンを受けている時に隣の人の声が気になって集中できない時は何度かありました。周りの声がうるさくてレッスンに集中することが出来ずに1回のレッスンが無駄になってしまうこともありました。個人レッスンで先生の話が聞こえないのはデメリットでしかありません。

 

プランやコースが多すぎてよくわからない

体験レッスンの時にコースの説明もされますが、あまりにもコースが多すぎてよくわかりません。コースが多すぎると、どれを選んでよいのかわからなくなってしまうからです。

ワンナップイングリッシュには3つのコースがあり、細かく分けると15個のコースに分かれます。さらにそこにオプションとしてコーチをつけることも出来たり、スピーキングのレッスンオプションをつけたりすることも出来ます。

料金システムもデイタイムプランや学生プランなど多く用意されていて、結局のところ複雑すぎてコースを選びきれないというのが正直な感想です。私は日本人のスタッフに言われるがままコースを選択し、料金を支払っていました。

 

コーチングプログラムは別料金になる

ワンナップイングリッシュの料金システムでは、コーチングプログラムがオプションとして別料金で加算されてしまいます。

私は最初に6ヶ月(24回レッスン)のコースを選びました。この中には当然のように、日本人スタッフによるコーチがついてくれるものと思っていました。しかしコーチをつけるためにはオプションとして別料金が必要だと説明されました。

レギュラーコースの料金が206,064円だったので、この程度の料金であれば払えると思っていましたが、更にコーチ料金として54,000円の3ヶ月分を支払わなければなりませんでした。

コーチングのシステムは短期間の3ヶ月です。レギュラーコースの料金を払えばコーチがつくと勘違いしていた私も悪いですが、オプションの内容には注意が必要です。

 

 

【大公開】ワンナップイングリッシュへ気になるQ&A

Q1.中途解約をした場合にお金は戻ってきますか?

中途解約した際でもお金は戻ってきます。中途解約する場合は専用の書類を用意する必要があります。返金額は退会するタイミングによっても異なります。

  • 受講開始前
    受講を開始していない場合の中途解約は、事務手数料として15,000円を支払う必要があります。
  • 受講開始後
    既に行ったレッスンの受講料と、残りの受講料の20%か50,000円の低い方を支払う必要があります。

戻ってくる金額は上記の金額を差し引いたものです。

 

Q2.コーチはついてくれますか?

ワンナップイングリッシュでコーチをつけることは可能です。しかしコーチをつけるためには基本料金とは別にオプション料金の54,000円×3ヶ月分の料金が必要です。

自分で自分の管理が出来るという人であれば、このオプション料金を支払う必要はなく安い料金で抑えられます。オプション料金を支払えるのであれば、短期間で集中してコーチが自身の英語力を伸ばしてくれます。

 

Q3.他の生徒の人と仲良くなることは出来ますか?

通常のレッスン時には他の生徒の人と話す機会はありません(ここは自分次第です)。

ただしワンナップイングリッシュにはクリスマスパーティやハロウィンパーティ、さらに運動会やBBQも企画しているので、これに参加すれば生徒の人々と仲良くなることが出来ます。同じ目標を持った仲間と話すことで、モチベーションを高めあうことにもなります。

 

 

【総論】ワンナップイングリッシュはゼッタイにおすすめしない

主体的に学ぼうとしない人にはおすすめしない

ワンナップイングリッシュのレッスンは自らカスタマイズしていきます。そのため自分のゴールをイメージしておかなければレッスンは無駄になっていきます。

外国人講師や日本人スタッフからも提案はあります。しかし中学や高校の時のように順序だてて勉強していくものではないため、どうしても局所的な英語になってしまいます。

たとえばビジネス会議でのシチュエーションを学んだとしても、自己紹介や名刺交換が出来るようになるわけではなりません。自分自身で問題意識を持ち、ビジネスの会議といったような特定のシチュエーションでも応用を効かせるための工夫が必要です。

主体的にレッスンを受けていかなければ、ワンナップイングリッシュのレッスンは無駄になります。

 

会話をすれば英語が上達すると思っている人にはおすすめしない

ワンナップイングリッシュのレッスンは外国人のネイティブな人との会話で進めていきます。外国人と会話をしていると徐々に自分が英語を話せていると勘違いするようになります。しかしそれは勘違いであることが多く、自ら文法や単語を覚えてインプットしていかなければ全く身に付きません。

外国人の先生は日本語も多少わかるために、下手な英語でも伝えようとしていることを汲み取ってくれます。自分の英語が下手でも伝わっているような気持になってしまうのです。

会話をすることでアウトプットさせるのはとても大事ですが、インプットも無ければ英語は身に付きません。会話をするだけで英語が上達すると思っている人にはおすすめできません。

 

ワンナップイングリッシュ

 

 

無料カウンセリング体験実施中!
 
あれこれ悩むなら、まず、すべて無料カウンセリングを受けてみるのが良いです。
  
過去28名、様々な英会話スクールに通った方をインタビューしましたが、英会話スクールにて満足度が高い方は総じて、
 

「最低3校のカウンセリングを受け、しっかりと比較検討した」方でした。

 
WEBの記事、口コミ等は参考にできるのもありますが、
結局のところ、”ヒト対ヒト”で、先生やカウンセラー相性が非常に重要です。
 
こればかりは実際に行って、見て、話して、聞いて…という泥臭い行動が重要です。
各スクールの魅力を全身で感じてみてください。
英会話スクールに通うことは、決して安い買い物ではありません。足を運ぶことで、各スクールのすごさがわかります。多くのスクールに足を運び、ご自身で色々と検討してみてくださいね。

私が実際に英会話スクールの生徒にインタビューを行い、その中で非常に満足度が高い英会話スクールを紹介します。
 
 
英会話スクールも数多くあり、また費用も高額です。必ず比較検討を行いましょう。
 
どれも無料体験ができるので、ぜひこの機会に体験してみてください!

プログリットプログリット「短期間×オーダーメイドカリキュラム×自主学習」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。

あらゆる角度から分析し、「英語を話せない原因」を見つけ、専属コンサルタントが最適なカリキュラムを作成します。
従来の英会話教室ではなく、専属コンサルタントが自己学習を継続させるサポートを行います。
プログリットでの成功談はこちら

スパルタ英会話
スパルタ英会話
「短期間×オーダーメイドカリキュラム×授業受け放題」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。
 
日常英会話、ビジネス英会話など希望とレベルに併せてカリキュラムを構築。日本語禁止のグループレッスンは最大10時間まで受講可能。講師も勿論ネイティブ講師。
コンサルティングによるサポートと、疑似留学でできます。
シェーン英会話
シェーン英会話
「コスパ×全国各地×ネイティブ講師」というキーワードにピン!と来た方にはおすすめ。
 
最大手といっても過言でなく、全国210校あるので、振替等が便利。
また1ヶ月25,000円程度と安価で利用することができます。
無理なく通えるシステムで、質が高い英会話スクールを長期的に受けたい方におすすめ